平成31年度4月からは、児童発達支援センター銀河鉄道の利用定員を20名から28名と増やし、より多くの子どもたちに対し、的確な発達支援、重点的な療育の提供体制を整備いたします。
 また、5月から相談支援事業所銀河鉄道(特定・障害児)を開設し、保護者の方々への相談支援体制を整備し、その充実に努めてまいります。
 何とぞ、平成31年度も銀河鉄道をどうぞよろしくお願いいたします。

 
  • 介護予防スポーツジム
  • 競輪オフィシャルサイト

ページトップへ