27年度・目標と課題

1.銀河鉄道の研修目標

  1. 法人理念(世のため人のために尽くす子どもと親を育てる等)の下、最新の障害特性理解や支援方法、今後の障害児支援が学べる研修に参加させ、支援技術や視点の向上を図る。
  2. 利用児童への支援方法で、職員が持っている技術を皆で習得し、共有できるように講師役をお願いし、内部研修をする。

2.27年度銀河鉄道の研修課題

  1. 法人理念(世のため人のために尽くす子どもと親を育てる等)の下、最新の障害特性理解や支援方法、今後の障害児支援が学べる研修に参加させ、支援技術や視点の向上を図る。
  2. 利用児童への支援方法で、職員が持っている技術を皆で習得し、共有できるように講師役をお願いし、内部研修をする。

2.駅員研修施策

採用時研修
3ヶ月以内
・法人の運営理念、モラル高揚について
・児童氏名、顔、障害特性、利用者状況の把握
・事業所理念等、業務内容の把握
・個人情報の取り扱いについて
新任研修
3ヶ月から
1年未満
・個人情報の取り扱いについて
・法人理解
・感染症について
・制度理解
・外出時危機管理研修
・基礎的な障害理解、基本的な関わり方
中堅研修
2年目から
4年未満
・個人情報の取り扱いについて
・感染症について
・障害を理解した上での支援
・自己分析、自己理解
・専門的な知識・専門的な支援スキル
上級研修
5年目以上
・個人情報の取り扱いについて
・感染症について
・専門的な知識・専門的な支援スキル
・専門的な支援を考察する力を養う
主任研修 ・個人情報の取り扱いについて
・感染症について
・専門的な知識・専門的な支援スキルの向上
・専門的な支援を考察し、支援を見極める力を養う
管理者研修 ・個人情報の取り扱いについて
・専門的な支援技術全般の向上
・感染症について
・職員や職場の雰囲気や変化を感じ、環境改善に配慮できる技術
・事業普及啓発
・会議等の展開、進行技術

3.27年度研修計画表

区 分 内部研修 外部研修
平成27年
1~3月
特別研修
・法人の設立使命と将来について
・法人各事業所視察
・事業所運営の参画について
・障害福祉の現状について
・スヌーズレン・感覚統合療法等について
・児童虐待の現状について
・情報管理について
4~6月 ・制度説明
・事業所の運営方針説明
・外出時危機管理研修
・児童虐待研修
・食中毒
・療法講習
7~9月 ・褒める効果
・職員間のコミュニケーションのとり方、進め方、支援技術(特別食づくり等)
・障害理解・支援技術
・スキルアップ研修
10~12月 ・支援の視点力
・支援技術(食事介助)
・感染症
・スキルアップ研修
・児童発達支援管理者研修
・障害理解・支援技術
平成28年1~3月 ・個別計画書の理解 ・スキルアップ研修
・児童発達支援管理者研修
・障害理解・支援技術

4.研修評価の方法

  • 研修報告書の提出
  • 職員へのフィードバック
  • 人事考課への反映

 

  • 介護予防スポーツジム
  • 競輪オフィシャルサイト

ページトップへ